ヒートショックプロテインを高める入浴方法

入浴方法

ヒートショックプロテインはおよそ40度〜42度の間で最も増加します。

この温度のお風呂に入ることで体温が38度まで上げ、しっかりとその熱を逃がさないように保温します。

入浴前にしっかりと水分補給をする

水分補給
ヒートショックプロテインを高めるためには20分程度の入浴時間が必要になります。

入浴中に脱水症状にならないためにも、最低コップ一杯(200ml〜300ml)程度の水分を摂取してから入浴しましょう。

 

40度〜42度のお湯に20分間浸かる

入浴方法
ヒートショックプロテインを高めるためにはおよそ40度〜42度お風呂に20分程度浸かることが理想的です。

お風呂の温度が下がらないようにこまめに追い炊きをして水温を維持するようにしましょう。

長くお風呂に浸かればヒートショックプロテインがより増えるというわけではないので入浴時間はしっかりと守りましょう。

お風呂の温度

入浴時間

40℃

20分

41℃

15分

42℃

10分

普段から体温が35℃台など低体温気味な人は、身体の負担にならないように40℃ぐらいの湯温からはじめます。

 

体温を測る

舌下用体温計
入浴時には体温が38℃まで上昇していることをチェックするために舌下用体温計を使用することをおすすめします。

入浴中にこまめに体温をはかることで湯温を調整ししっかりとヒートショックプロテインを増やしましょう。

口での検温方法|検温方法|体温計入門|テルモ体温研究所

 

入浴後の肌ケア・保温

入浴後の保温
ヒートショックプロテインは入浴だけでも増やすことができますが、さらに効果的にヒートショックプロテイン増加させるには入浴後の保温が重要です。

保温をしながらゆっくりと体温を下げることでヒートショックプロテインの増加が安定します。

特に冬場には体温が下がらないように注意しましょう。

また、入浴後の水分補給も冷たい飲み物は我慢してなるべく温かい飲み物を飲むようにしましょう。

入浴後の保温は15分〜30分程度で十分です。

 

また高いお温度での入浴後はお肌は乾燥しやすくなります。

ヒートショックプロテインを増やすためにお肌にダメージを与えてしまうのは逆効果なのでお肌の保湿はしっかりと行います。

ヒートショックプロテイン入浴後にはヒートショックプロテインを増加させる化粧品を使うことで効果が最大化します。

ヒートショックプロテインを効果的に増やす保湿剤「ストレピア」についてはこちらから

 

回数

週二回
ヒートショックプロテイン入浴は身体への負担が大きいことから週二回ぐらいが理想的です。

回数を増やすほどヒートショックプロテインは増加しやすくなりますが、自分の体調と相談しながら行ってください。

一回のヒートショックプロテイン入浴でおよそ2日間程度ヒートショックプロテインの増加が期待できるので無理に毎日行う必要はありません。

 

注意事項

温度差
ヒートショックプロテイン入浴は体温の変動が激しくなることから、血管への負担が増加します。
特に入浴後の急激な気温の変化により「心臓発作、脳卒中、脳梗塞」を起こす可能性があります。
脱衣所や移動先の部屋の温度をなるべく高く設定しておき、温度差を極力なくすようにしましょう。

 

またヒートショックプロテイン入浴はのぼせやすいので、初めての人は身体が慣れるまで徐々に行うようにしてください。

 

ヒートショックプロテインを効果的に増やすグッズ

入浴剤
炭酸系の入浴剤は血管を拡張する効果があり、素早く体温を上げることが出来ます。

通常40℃で20分ぐらいの入浴時間ですが、炭酸系入浴剤を使うことで15分程度まで入浴時間を短縮することが出来ます。

また入浴後の保温効果も増すのでヒートショックプロテイン入浴をする際には是非入浴剤を使うようにしましょう。

 

 

舌下用体温計
入浴中の体温を測るために体温計を使用すると良いでしょう。

舌下用体温計は深部体温を正確に測ることが出来るのでおすすめです。

 

 

HSP化粧品
ヒートショックプロテイン入浴と合わせてHSP化粧品を使うこと効果は何倍にも増します。

ヒートショックプロテイン入浴後はお肌が乾燥しているので、化粧水の吸収率がとても高くなっています。

HSP系の化粧品はドモホルンリンクルやオルビスからも発売されていますが価格もそれなりに高価なものです。

ストレピアは価格も比較的安く、ヒートショックプロテイン入浴をしている人の中でも特に人気が高い商品です。

ストレピアについて

 

耐性

ヒートショックプロテイン入浴を続けていると、高温での入浴に体が慣れてきて体温が上がりにくくなります。
その場合には湯温をあげるのではなく、1週間〜3週間ほどヒートショックプロテイン入浴をお休みしましょう。
一時的な高温への慣れを治し身体をリセットさせることも重要です。
ストレピアで肌水分量が+〇〇%!ストレピアの使い方や口コミを紹介